自分にあった腕時計が見つかる




「おしゃれ」の定義ってなんでしょう?

「そんな面倒くさいことを考えている人におしゃれな人はいない」 という声が聞こえてきたので、私のおしゃれの概念で進めさせてもらいます(笑


私の「おしゃれ」というのは、単に個性をアピールするのではなく「環境と個性のすり合わせ」だと思ってます。

この「環境」には他人視点という概念が入ります。

簡単に言えば「万人受け」です。



もし、「おしゃれ」ということについて知識や情報があまりない状態なら、環境に合わせることが大事です。

つまり、万人受けするように他人視点に立って「おしゃれ」を考えるわけです。

この考え方でいけば失敗はありません。

他人を不快にさせても仕方ありませんから・・・



環境(他人視点)重視では自分の個性を発揮することはできず、自己表現・自己アピールは期待できません。

とはいえ、自分自身のスタイルはこうだ!という自信がなければ、個性の表現は周りを不快にさせる可能性が高いです。


では、どうすれば自分自身のスタイルを確立することができるか?


それは「多くの経験を積むこと」です。

そのなかで失敗もあるでしょうが、その経験が自分だけの貴重な知識になり、個性になるのではないでしょうか?



「腕時計のおしゃれ」も同じです。

例えば、40代・50代のオッサンが奇抜なデザインのメンズ腕時計を身に着けても、よっぽどセンスが良くないと(つまり髪型や服装、シューズといった各アイテムのバランスが悪ければ)場合によっては品格を疑われかねません。
 

  • 周りからどのようにみられているか?
  • 他人の不快にさせないようにするにはどうしたらいいか?


その視点で検討すれば、おのずと40代・50代のオッサンが身に着ける腕時計は落ち着き感があるメンズものになるでしょう。

それはいわゆる「ブランドもの」です。



購入するとなると、それなりの値段ですから踏ん切りはつかないと思います。

また、種類も豊富なのでどれにしようかと迷うかもしれません。


そんな時は「購入」するのではなく「サブスク式のレンタル」サービスを利用するのも一手です。

腕時計もサブスクで着替えよう【WATCH RENT】


このサービスはレンタル料金プランもメンズ腕時計に応じて選択できるし、次々といろんなメンズ腕時計をレンタルして自分自身の個性に合うか確認できます(多くの"経験"を積むことができます)。

万人受けもするでしょうし、自分自身のスタイルに合ったメンズ腕時計を見つけることができれば、「環境と個性のすり合わせ」ができているとして「あなたはおしゃれな人♪」といわれるのではないでしょうか?

 


腕時計もサブスクで着替えよう【WATCH RENT】

 

 

 

 

【このサイトの管理人】

​​

カッコイイ男性になるために「生き方」にこだわっている遊び心を忘れない中年オヤジです。

これぞ!と決めたことを忘れないためにこだわった小物(腕時計以外/財布、ブレスレット、キーリング)を身につけて"ブレない"ようにしてますが、腕時計はファッションのため、というより世渡りアイテム(ツール)と割り切ってます。

このサイトが同じようなタイプの人の参考になればうれしいです。

 

【お得な情報です】

© 2021 腕時計 おしゃれ rss